排ガス処理専門メディア » 排ガス処理を依頼できるメーカー一覧(五十音順) » ハイポテック

ハイポテック

「排ガス処理の方式や製品を選びきれない」「相見積もりや営業攻勢が面倒」という方のために、排ガス処理に関する課題をトータルで任せられる企業「ハイポテック」を紹介します。スクラバーをはじめとする排ガス処理装置を、フルカスタマイズで設計・製造するので、自社のニーズに合った対応が可能です。

ハイポテックの特徴

多種多様なメーカーと連携し、最適なカスタマイズを提案

ハイポテックは顧客の要望に合わせて、オリジナルの排ガス処理装置を製作します。 一からフルカスタマイズで設計を行うことで、既製品では難しい、多数の薬品が含まれる排ガスや、耐食性に注意を要する排ガス等にも対応することが可能。
全国の協力会社や高性能な製品を取り使う海外ベンダーとも連携し、各社の強みを活かしたエンジニアリングを行うことで、各社に適した排ガス処理装置を提供しています。

一般材から特殊材まで、
排ガス成分や性状に合わせて適切な材質を提案

ハイポテックでは、ステンレスやチタン、ハステロイなどの金属系、FRPやPFA、PVDFなどの樹脂系での幅広い機器製作を行なっているため、排ガスの条件に適した材質を採用することができます。
また、スクラバーなどの排ガス処理装置本体だけでなく、充填物やサポートグリッド、散水部品などの内部部品の材質も併せて耐食材料で対応可能。
腐食、臭気、白煙発生等、多くの工場が抱えている課題や要望に応じた最適なソリューションを提案・実現します。

製造・設置コストを削減できる一気通貫の課題解決システム

ハイポテックは、各種工場や実験室等から排出されるガスだけでなく、VOC、煤塵、ミスト、白煙などをまとめてトータル的に処理するシステムを提案します。対象物質除去ごとに装置計画する必要が無く、初期費用を抑える事に繋がるだけでなく、設置エリアも小さくすることが可能。
また、機器の設計・販売のみならず、納入後の定期点検やメンテナンスまで一貫して対応します。

排ガス処理は、除害すべき物質や対応方法によって、適した装置が変わってきます。そんな時に会社や排ガス処理装置をどう選べばいいのか、具体例と共に解説します。

排ガス処理装置の選び方を知る

ハイポテックの排ガス処理装置の種類

ハイポテックの主な排ガス処理装置

スクラバー

ハイポテック製品事例1

ハイポテックのスクラバーは、一般的なHCl、HBr、HF、SO2、NH3や、Br2(臭素)、Cl2(塩素)などの吸収効率の悪く、かつ腐食性の強いハロゲン化物質の除害なども対応可能です。 様々な耐食材料での対応が可能なだけでなく、高性能な内部部品を採用しており、確実な性能達成ができる設計を行います。

触媒酸化装置(CATOX)

ハイポテック製品事例2
引用元:ハイポテック公式HP(http://hipotech.co.jp/plant/product01/product4/)

触媒酸化装置CATOXは、多岐に渡る業種の排ガスに含まれる有機成分(VOC)を高性能な触媒上で酸化し、二酸化炭素と水に分解する事で無害化します。この酸化触媒プロセスは、1970年代の販売開始以降、国内外で500を超える納入実績があります。