排ガス処理専門メディア » 排ガス処理における基礎知識

排ガス処理における基礎知識

排ガス処理においては、国が定める法律が様々な規制の基準となっています。法律が制定されるに至った経緯と、関連する「大気汚染防止法」と「悪臭防止法」についての詳細、適切な処理が必要とされるであろう物質の特徴や対策、注意点などについてもまとめています。

排ガス処理の歴史

排ガス処理は、戦後から高度経済成長期に公害問題が多発したことで、よりその重要性が叫ばれるようになりました。
1961年に四日市ぜんそくが発生したことで、ばい煙濃度の排出基準の設定、排出施設の設置届出などを定めたばい煙規制法が制定されました。その後、一時的には成果を上げたものの、硫黄酸化物や窒素酸化物など、他の有害物質の規制は緩かったため、大気汚染問題は解決に至りませんでした。
そこで1968年、ばい煙規制法を強化する形で新たに「大気汚染防止法」が制定され、硫黄酸化物や窒素酸化物の総量規制、自動車排出ガスの規制などが行われました。現在に至るまでも、複数回の改正が行われています。

大気汚染防止法

大気汚染防止法は、大気や国民の健康、生活環境を保全するため、1968年(昭和43年)に制定されました。 工場や事業場などの固定発生源から排出又は飛散する大気汚染物質について、物質や施設の種類・規模ごとに定められた排出基準を守らなければならない、とされています。
環境省のHPで、固定発生源から排出される物質として規制されているのは、ばい煙、揮発性有機化合物(VOC)、粉じん、有害大気汚染物質の4種類です。
ばい煙は一般排出基準、特別排出基準、上乗せ排出基準、総量規制基準の4つの基準に従い規制されています。 揮発性有機化合物(VOC)は、法律による排出の規制と、事業者が自主的に行う排出抑制のための取り組みが両輪で行われています。 粉じんは、人の健康に被害を生じるおそれがある物質を特定粉じん、それ以外の物質を一般粉じんと定め、規制を続けています。 有害大気汚染物質は、ばい煙と特定粉じんを除外した全248種類の物質が定められており、その中でも健康リスクが高いと考えられている23物質が優先取組物質と定められています。

大気汚染防止法とは

悪臭防止法

悪臭防止法は、工場・事業場などの事業活動に伴って発生する悪臭を規制することで、生活環境を保全し、国民の健康を守ることを目的として、1971年(昭和46年)に制定されました。
不快なにおいの原因となり、生活環境を損なうおそれのある特定悪臭物質と 人間の嗅覚によってにおいの程度を数値化した臭気指数が規制対象となっています。
規制基準は、全国の都道府県知事が地域の自然的・社会的条件を考慮したのち、敷地境界線・気体排出口・排出水について、適した排出規制を定める仕組みになっています。 この規制基準に適合せず、住民の生活環境が損なわれていると認める場合は、市区町村長が改善勧告・改善命令を行うことができます。

有害大気汚染物質とは

工場から出る排ガスの中には有害大気汚染物質が含まれることがあり、硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)は規制対象ともなっています。その物質特性や人体への影響、工場での対策などをご覧ください。

排ガスに含まれる有害大気汚染物質とは

VOC(揮発性有機化合物)とは

塗料や印刷インキ、シンナーや接着剤などにはトルエンやキシレン、酢酸エチルが含まれていて、光化学スモッグの原因物質となるのがVOC(揮発性有機化合物)。その物質特性や人体への影響、工場での対策などを説明します。

VOC(揮発性有機化合物)を処理する上での注意点とは

ミストとは

ミストはガス中に含まれる粉塵や埃などの物質と同伴して発生することが多いです。場合によっては有害な汚染を引き起こす物質にもなりうるため、正しく処理することが求められます。処理する上での注意点や対策などをまとめました。

排ガスに含まれるミストとは

白煙・紫煙とは

工場から排出される白煙や紫煙には有害物質の微細なミストが混ざってしまうケースがあります。それはどのような物質が影響しているのかを説明するとともに、排ガス処理における注意ポイントや対策などを紹介しています。

排ガスに含まれる白煙・紫煙とは

臭気とは

悪臭防止法では22の特定悪臭物質を指定していて、該当物質による臭気を排出している工場では臭気対策が必要となります。臭気対策では、臭いの強さを測定するための臭気指数や自治体による規制地域・規制基準を理解しておきたいところです。

排ガスに含まれる臭気とは

ばいじん・ダストとは

ばいじんとは工場などから排出されるばい煙の一種。粉じんも含めたダスト(固体微粒子)が混ざった排ガスを出す施設はばい煙発生施設とされます。これらに対する大気汚染防止法や工場での対策などをまとめてみました。

排ガスに含まれるばいじん・ダストとは

排ガス処理装置の耐食材料

スクラバーに代表される排ガス処理装置を設定する際は、耐久性に大きく影響する耐食材料にも注目する必要があります。耐食材料の特徴を理解しやすいように、詳細ページでは金属系と樹脂系とに分けてステンレスや塩化ビニルなどを紹介しています。

排ガス処理に使用される耐食材料を知る

塗装施設における排ガス処理

塗装工程のある作業現場からは、人体に悪影響を及ぼすガス(有害物質)が発生します。詳細ページでは塗装現場で発生する排ガスの特徴や、その対策について紹介します。

塗装施設における排ガス処理を知る

排ガス処理装置の定期自主検査

排ガス処理装置は、特定化学物質障害予防規則(特化則)によって定期的な自主点検の義務が定められています。詳細ページでは対象となる機器や点検必要項目などの他、検査記録の保存についても紹介します。

排ガス処理装置の定期自主検査を知る

廃棄物処理施設における排ガス処理

廃棄物処理施設では排ガスの排出基準が定められており、さまざまな処理方法があります。活性炭吹込みや液体キレート、活性炭吸着塔による除去など。これらの処理方法はそれぞれ期待除去率や適した環境が異なるため注意が必要です。詳細ページでは排ガス処理の方法や注意点について紹介します。

廃棄物処理施設における排ガス処理を知る

排ガス処理のコスト

排ガス処理を事業所に導入する場合、忘れてはいけないのが初期投資とランニングコストです。初期投資がどれほど安い装置でも、性能と運転次第でランニングコストが大きく膨れ上がってしまうことがあるため要注意。排ガス処理コストを抑える方法を紹介します。

排ガス処理のコストを知る