排ガス処理専門メディア » 排ガス処理における除去タイプを解説 » 脱臭装置

脱臭装置

このページでは、排ガス処理システムにおける脱臭装置について、特徴や脱臭メカニズムなどをまとめて解説しています。

脱臭装置の特徴

脱臭装置とは、工場などから発生する悪臭を除去して、作業環境の改善や周辺環境の健全化を目指す装置の総称です。

脱臭装置の概要やメカニズム

脱臭装置では一般的に、悪臭の原因となるガスやミストを、活性炭などを封入した装置の内部で通過させ、その際に悪臭を活性炭へ吸着させることで臭いを除去するといった方法が採用されています。また、装置の構造や気体の経路などを工夫することで、活性炭と臭気が接触する時間を増やし、より効果的に悪臭を除去するシステムも研究されていることが重要です。

脱臭装置には据え置き型だけでなく、簡単に持ち運びできる移動式のものもあり、例えば一時的に臭気が発生するといった条件であれば、移動式脱臭装置を必要なタイミングで利用するといった方法も可能です。

その他、活性炭の他にも特殊な物質や装置を組み合わせることで、原因物質の除去効果を高める場合もあります。

排ガスの悪臭がもたらす問題とは

排ガスの悪臭や臭気は周辺住民の生活環境を脅かすだけでなく、工場で作業する人員の心身にもストレスを与え、労働環境の悪化や生産性の低下を招きます。

悪臭の原因と対処方法

状況の把握

悪臭に対処するためには、まず臭いの特徴や発生源について把握しなければなりません。また、仮に良い香りであっても強すぎれば悪臭となるため、場所や時間によって臭気の強さが変化しないか確かめることも必要です。

材料やシステムの改善

悪臭の原因になる材料の使用を削減・停止したり、臭気が発生しやすいシステムを改善したりといった方法が考えられます。また、空調設備や吸排気設備の変更もポイントです。

なお、建物の隙間などからの臭気漏れにも注意してください。

脱臭装置の導入

材料の削減やシステム変更が困難な場合、現状に脱臭装置を導入することで、発生した悪臭を除去するといったことも可能です。

脱臭装置の事

各メーカーで取り扱っている脱臭装置を紹介します。

AC脱臭装置(ハイポテック)

キャンドル型の活性炭部を有しており、ガスがガス円筒内を通過する際に渦巻き状となり、活性炭との接触面積が増やされることで悪臭を効率的に除去します。さらに吸着熱も抑えており、オプションで移動式タイプを選択することも可能です。

AC脱臭装置
画像引用元:株式会社ハイポテック(https://hipotech.co.jp/plant/product01/product5/)

ハイポテックについて詳しく見る

触媒燃焼式脱臭装置(1)(株式会社エコム)

バーナーなどによって臭気排ガスを熱し、熱による酸化反応を利用して脱臭処理を行う燃焼式排ガス処理装置シリーズの1つです。シリーズ製品の加熱方法として、直熱・触媒・蓄熱のp3タイプがあり、触媒式は電気ヒータ(50kW)によって350度の温度制御を行います。

触媒燃焼式脱臭装置
画像引用元:株式会社エコム(https://ecom-jp.co.jp/product/furnace/deodorizing/index.html)

株式会社エコムについて詳しく見る

脱臭装置(ミウラ化学装置)

ミウラ化学装置では、クライアントのニーズや作業環境に合わせて様々な脱臭装置をプランニングしています。活性炭吸着塔や乾式脱硫装置、消化ガス処理システムといったプランが用意されており、悪臭の原因や強度、規模によって使い分けが可能です。

脱臭装置
画像引用元:ミウラ化学装置(https://www.miura-eco.co.jp/exhaust/deodorization/)

ミウラ化学装置について詳しく見る

まとめ

悪臭問題は法的にも環境的にも重要なリスクであり、放置すれば企業や工場のイメージを損なう原因となります。

悪臭の原因を速やかに突き止めた上で、適切なフロー改善や脱臭装置導入といった工夫で臭気問題を解決してください。