排ガス処理専門メディア » 【PR】排ガス処理の悩みはここにお任せ。フルカスタマイズ設計も対応可能!

【PR】排ガス処理の悩みはここにお任せ。
フルカスタマイズ設計も対応可能!

「排ガス処理の方式や製品を選びきれない」「相見積もりや営業攻勢が面倒」という方のために、排ガス処理に関する課題をトータルで任せられる企業「ハイポテック」を紹介します。スクラバーをはじめとする排ガス処理装置を、フルカスタマイズで設計・製造するので、自社のニーズに合った対応が可能です。

ハイポテックの導入事例

最後の処理工程にガスの不純物が残って困っていたが...

ハイポテック導入事例1

某工場の、VOCや水銀・硫化物・塩素などを含む廃ガスを処理して有益なガスを回収する設備において、これまでは最終製品に不純物が残る状態で、トラブルの要因となっていました。
ハイポテックでは、確かな性能を発揮しつつ効率的な熱利用を行うプロセス設計と、設備を安定稼働させるための制御設計を含めた多段式吸着設備と触媒酸化設備を導入したことで、要求されたスペックを十分に達成・維持することができています。

複合ガスの濃度の高さや耐食性で設備導入が困難だったが...

ハイポテック導入事例2

某化学会社では、
・濃度が高いため汎用スクラバーでは処理能力が不足する。
・複合ガスではスクラバーの除害能力が推定出来ない。
・耐食性のある材質選定が必要。
等の要因が原因で、適した排ガス処理装置の導入が困難でした。 ハイポテックでは、複合ガスに適応した計算に基づくスクラバーを設計し、本体材料にカーボン繊維(FRP)を採用することで耐食性とコストを両立。また、スクラバーを通すと白煙が発生すると予見し、あらかじめ白煙除去装置が一体となったユニット装置を導入し、顧客が期待される性能を問題無く達成できています。

ハイポテック公式HPで
他の導入事例をみる

ハイポテックへの問い合わせはこちら

ハイポテックの排ガス処理の強み

技術力
多種多様なメーカーと連携し、最適なカスタマイズを提案

ハイポテックは顧客の要望に合わせて、オリジナルの排ガス処理装置を製作します。 一からフルカスタマイズで設計を行うことで、既製品では難しい、多数の薬品が含まれる排ガスや、耐食性に注意を要する排ガス等にも対応することが可能。
全国の協力会社や高性能な製品を取り使う海外ベンダーとも連携し、各社の強みを活かしたエンジニアリングを行うことで、各社に適した排ガス処理装置を提供しています。

対応力
排ガスの成分、臭気や白煙などの事象に合わせて
耐食性の高い機器を提案

ハイポテックでは、ステンレスやチタン、ハステロイなどの金属系、FRPやPFA、PVDFなどの樹脂系での幅広い機器製作を行なっているため、排ガスの条件に適した材質を採用することができます。
また、スクラバーなどの排ガス処理装置本体だけでなく、充填物やサポートグリッド、散水部品などの内部部品の材質も併せて耐食材料で対応可能。
腐食、臭気、白煙発生等、多くの工場が抱えている課題や要望に応じた最適なソリューションを提案・実現します。

サポート力
製造・設置コストを削減できる一気通貫の課題解決システム

ハイポテックは、各種工場や実験室等から排出されるガスだけでなく、VOC、煤塵、ミスト、白煙などをまとめてトータル的に処理するシステムを提案します。対象物質除去ごとに装置計画する必要が無く、初期費用を抑える事に繋がるだけでなく、設置エリアも小さくすることが可能。
また、機器の設計・販売のみならず、納入後の定期点検やメンテナンスまで一貫して対応します。

ハイポテック公式HPで
他の導入事例をみる

問い合わせはこちら

排ガス処理について
直接問い合わせる

ハイポテックの排ガス処理装置の種類

ハイポテックの担当者に
「排ガス処理まるごとお任せ」の理由を聞いてみた

ハイポテックの排ガス処理についてもっと知るため、 担当者であるKさんに電話で話をお聞きしました。(2021年7月)

Q1
どうしてフルカスタマイズ設計が可能なのでしょう?

「社内にゼロからのプロセス設計ができる技術者が多数在籍していることが一つ挙げられます。
また、自社で工場を持っていると設備の範囲内で可能な設計を考えるので、視野が狭くなりがちですが、弊社は工場を持っていないので、枠にとらわれず、様々な協力会社の方達の強みを活かせる体制を整えられているのも要因の一つだと思います。」

Q2
技術力を活かして課題解決した最近の事例を教えてください

「排ガスの中に含まれる硫化物などの不純物を取り除いて再利用したい、といったお客様がいらっしゃいましたが、既存の設備では中々安定しなかったのが課題でした。
そこで、様々な物質が混じった複合ガスを確実に除害できる装置を、プロセス設計からアフターフォローの部分まで一貫してご提案しました。 装置の一部には豊富な実績を誇るデンマークのハルダートプソ社の触媒を使用しており、これは硫化物をはじめとする有害な有機成分を除害するのに適しています。
技術的な根拠に基づいて性能が確かな装置をご提案したことで、無事に採用いただき、課題解決することができました。」

Q3
得意な業種・業界はありますか?

「弊社のお客様は化学・非鉄精錬・機械・半導体系が大半を占めます。そういった業界の特徴の一つは、腐蝕性の強い薬品を扱う工場が多いこと。
そのため、排ガス処理装置はどんな薬品を扱っていたとしても腐食に耐えられるものである必要があります。 弊社は耐食性に優れた材料を多数扱っているので、特殊な材質を使う必要がある業界、耐食性の基準が厳しい業界を得意としております。」

排ガス処理装置の質がグンと高まる。
ハイポテックが扱う海外ベンダー内部製品

ハイポテックベンダー製品1
コーク・グリッチ社のミストエリミネーター

ベルギーのコーク・グリッチ社(KOCH GLITSCH)のミストエリミネーターは、主に白煙除去装置やスクラバーに使用されています。
ミスト径や処理対象ガスの組成に応じた材質の機器製作・選定が可能で、白煙化の原因となるサブミクロン単位の微細なミスト除去も実現しています。

デンマークのハルダートプソ社の触媒

デンマークのハルダートプソ社(Haldor Topsoe社)の触媒は、化学・薬品・印刷工場などから排出されるガス中に含まれるVOC(揮発性有機化合物)や有害な有機物を最新・高性能な触媒上で酸化し、CO2とH2Oに分解する事で無害化します。

ドイツのラシヒ社の充填物

ドイツのラシヒ社(Raschig )の不規則充填物「Super-Ring®」は、主にスクラバー等の気液接触部に使用されています。
豊富な材質(樹脂製、金属製、フッ素樹脂製)での製作が可能で、腐食性の高いガスや吸収効率の悪いガスに対しても高除害性能、低圧損を誇ります。

ハイポテック公式HPで
排ガス処理技術の詳細をみる

問い合わせはこちら

排ガス処理について
直接問い合わせる

ハイポテックの会社情報

社名 株式会社ハイポテック
所在地 東京都中央区八丁堀3-22-13 PMO八丁堀ビル6階
設立 1997年4月1日